通販で購入するカラコンは安全なのか

通販で購入するカラコンは安全なのか

カラコンは安全?

おしゃれアイテムとして一般的になりつつある「カラコン」ですが、メイクの一部として使用している方も多いのではないでしょうか。しかし、カラコンによって目の病気を引き起こしてしまうという方もいらっしゃり、最悪の場合、失明の可能性も孕んでいます。

 

そんなカラコンは、通販で手軽に購入することが出来ます。そこで気になるのが、通販で購入する物は安全に使用することが出来るのか、という事ではないでしょうか。

 

数年前までカラコンは「雑貨品」として扱われていたため、その品質について基準が設けられていませんでした。しかし、通販などで購入したものを使用した方が、失明するなどの問題が報告されるようになりました。そのため、「高度管理医療機器」として薬事法の規制対象になり、2009年11月4日以降は販売許可を受けている業者のみが販売できるようになりました。さらに、2011年2月4日以降は、国から製造販売承認を受けた物のみが流通可能となりました。

 

現在通販で購入できるカラコンは、販売許可を受けている業者が承認された物を売っているため、そのほとんどが品質に問題が無いレンズだと言えます。そのため、通販で購入できるカラコンは安全であると言っていいのではないでしょうか。

 

しかし、いくら通販で購入できる商品が安全だからといって、ケアをしなければ何の意味もありませんので注意して下さい。

 

カラコンは通販で購入しても安全に使用でき、眼科で購入するよりも割安なので重宝すると思いますが、目の病気にだけは細心の注意を払う必要があります。正しい方法とケアを行う事で、安全に使用することが出来るので、これからもおしゃれアイテムとしてカラコンを楽しんで下さい。


通販でカラコンを購入する時の注意点とは?

カラコンを購入する時には通販を利用される方も多いですよね。種類が沢山ありますし、ファッションモデルなんかがプロデュースしたカラコンだったりすると通販以外ではなかなか購入できなかったりもします。

 

ただ、通販でのカラコン購入で失敗しない為にも注意した方が良いポイントがあるのですが、購入する際には医療機器承認番号がきちんと付与されている商品なのかを確認してみましょう。

 

カラコンもコンタクトレンズと同じく高度管理医療機器に分類されていることをご存知の方は多いと思いますが、これはコンタクトレンズ同様に安全に用いる必要がある機器ということを意味します。それゆえに国の方でもカラコンの品質について関与するようになっているのですが、そこで付与されるのが医療機器承認番号です。

 

これは国が定める安全基準を満たしている商品のみに付与される番号なのですが、この番号があるということは安全に使用できるということです。ですから番号のないものは注意した方が良いと言えますし、通販では番号のない物も流通しているようですのでよく確認してみましょう。

 

では海外から輸入されるカラコンにも番号があるのかと言えば、海外にも検査機関がありますので、表記方法は違いますが似たような意味を持つ番号はあります。ですから輸入品を購入する際にも番号の有無を確認してみた方が良いと言えます。

 

ただし、輸入品の場合ですと表記されている番号が本物なのかどうか判断が難しいこともあるのです。そもそも番号が本物ではないというケースもあるようですので、番号があるからといって100%安心はできません。その為、安全性を重視するのなら国産を購入した方が安心なのかもしれませんね。